PROFILE

|三味線

森永 基木 <Morinaga Motoki>

幼少の頃、母親の影響で民謡と三味線の音色を聴いて育つ。
6歳より津軽三味線を習い始め物心が付いた時にプロになることを決意、12歳より日本民謡京極流家元・京極利則(大阪)のもとで修業を積む。
『三味線を現代(いま)に伝えたい』という想いから、和と洋の融合をテーマにCLUB JAZZをベースにした洋の東西、時代をトランスしたパフォーマンスを展開している。2013年に発売したDVD「Deux VISAGES」は自身で作曲した曲に自ら振り付けして奏で舞うという業界初のミュージッククリップ発表。
また、東日本大震災復興支援チャリティー公演「結」を開催するなど社会貢献活動にも力を入れている。
さらには、オリジナルブランド『MOTOKI MORINAGA』を立ち上げ、さまざまなグッズのデザインを開発も行う。

津軽三味線を習い始める

NGKなんばグランド花月に出演

初のリサイタルを開催

津軽三味線全国大会団体の部優勝
入賞者のレコーディングに参加

九州沖縄サミット福岡蔵相会合「日本の雅」に出演
大濠公園能楽堂において宮沢元首相はじめ、各国元首の前で演奏。

地元嬉野町のイメージソング
「うれしのほほん・湯・遊・YOU」を作曲
 
フランスボルドー市「20周年祭」に参加
文化使節団として福岡市市長に同行、記念演奏を行う

初の「森永基木ディナーショー」を各地で開催

オリジナルCD「想〜sou〜」をリリース

九州国立博物館「きゅーはくミュージアムコンサート」出演(太宰府市)
 
太宰府天満宮「七夕の宴」出演(太宰府市)

セカンドCD「Deux VISAGES」リリース

ミュージックDVD「Deux VISAGES」リリース

東日本大震災復興支援チャリティー公演「結」開催

三味線ピアノユニットMooNミニアルバム
「宴歳時記」リリース

東日本大震災復興支援チェリティー公演
「心の灯・リメンバー福島」開催

シングルCD&DVD
「KURODA-BUSHI / ひのくに夢幻」リリース

第13回 伊予節全国大会 優勝

日本イタリア国交150周年記念
ソレント日本文化祭り出演(イタリアソレント・タッソ劇場)

第19回 博多節全国大会 総合優勝
 
エチオピア・ラリベラ公演に参加(HEAVENESE)

”浅葱” メジャー1st FUll Album「斑」に参加
 
グラミー賞アーティストのジャズ・フュージョン・サックス奏者、カークウエイラム氏のCDアルバムに三味線で参加(HEAVENESE)
 
台湾ランタンフェスティバルにて演奏(HEAVENESE
 
韓国ウルサンワールドミュージックフェスティバルに出演
 
HEAVENESE ドバイ公演に出演
 
CD「CLASSICAL」リリース

エリトリア独立28周年記念ウィークにて演奏(HEAVENESE)

|日本舞踊

藤間 修一郎 <Fujima Shuuichirou>

叔母が舞踊教室を開設したのをきっかけに日本舞踊を習い始める。

その後、名取となり師範資格取得後は舞踊家として活動し、また舞踊教室「修一郎の会」の主宰。

三味線のステージに「舞」や「歌」を取り入れ、自身のライブでは「歌・舞・奏」という独自のスタイルで日本の伝統芸能を発信している。

名取を許される

教授資格取得

藤間流大会 出演(歌舞伎座)

藤盛会チャリティー舞踊公演 出演(国立劇場)

藤間勘右衛門の会 出演(国立劇場)

日本舞踊協会 出演(国立劇場)

藤間紋一郎舞踊公演 出演(博多座)

豊之助の会 舞踊公演 出演(国立劇場)

藤盛会チャリティー舞踊公演 出演(国立劇場)

豊之助の会 舞踊公演 出演(国立劇場)

福岡・藤盛会舞踊公演 出演(福岡市民会館)

藤間紋一郎 舞踊公演 出演(国立劇場)

藤間流大会 出演(歌舞伎座)

福岡文化連盟「青木秀賞奨励賞」受賞

熊本震災復興支援チャリティー公演「結」開催
(大濠公園 能楽堂)

「第一回 修永会」を開催(大濠公園 能楽堂)

更新日:

Copyright© 森永基木オフィシャルサイト |津軽三味線演奏家・日本舞踊家 , 2019 All Rights Reserved.